受動喫煙防止でパチンコ店はどうなる?

厚生労働省が成立を目指している「労働安全衛生法改正案」では職場での受動喫煙防止のために「全面禁煙」または「空間分煙」を義務付けようとするものである。

個人的にはたばこの煙が苦手なので、喜ばしいことではある。ただ煙いのではなく、たばこの煙を吸うと苦しくてたまらないので切実だ。

受動喫煙防止の背景には、受動喫煙が肺がんになるリスクが大きいと言うことなのだろうが、科学的根拠は無いらしい。「え?」

ニュースなどでもたびたび取り上げられてきたことだが、科学的根拠無しなのぉ????ならば全面禁煙て厳しそうだが・・・・

すでに公共施設では大半が分煙となっており、とても快適にすごすことができる。これはすごく良いことと思っている。空気がきれいなのは心にも体にも良いのだ、やっぱり。

しかし、パチンコ店の分煙は一向に進む気配が無い。これはなぜなのか?ギャンブラーには喫煙者が多いのだろうか?それは偏見?いや、しかし、パチンコ屋はやっぱりたばこを吸う人が多い。出なくてイライラして吸いたくなる?当たってご褒美に吸いたくなる?理由はわからないが、パチンコ店に一歩脚を踏み入れたとたんに煙いことは間違いが無い(私が住む、田舎のパチンコ店の場合)。

ちょっとお遊び程度にスロットをすることがあるが、どうにもこうにもお隣さんの煙が気になって集中できないことが多い。禁煙のパチンコ屋があったらすっごいいいのに、と何度思ったことか。でもそんなことしたら客脚は遠のいてしまうのだろうか?せめて分煙にして欲しいと本当に強く思う。

でもまぁ、パチンコ店は「職場」と言うわけではないのでこの法案には関係無いのだろう・・・

このページと似たような記事

コメント