isofix対応チャイルドシート比較してみました|意外に少ないラインナップ!?

ISOFIX(アイソフィックス)の装備が2012年7月から義務化され、自動車には標準装備されるようになりました。isofixとはシートベルトを使わずに誰でも正しく簡単にチャイルドシートが取り付けられる方法です。

チャイルドシートを取り付けていたにも関わらず、事故で子供が被害に合ってしまうのは、正しく取り付けられていなかったことが原因です。取り付けミスによる事故を防ぐためにもisofix対応のチャイルドシートを選びたいものです。

チャイルドシートのメーカーと言えば、アップリカ・コンビが2大有名ブランドですが、意外にもisofix対応のものは発売されていません。車は義務化されたのに、何故なのでしょうか?

自動車メーカーが発売している純正品チャイルドシートにはISOFIX対応がありますが、高価すぎて手が出ないのが実情です。7万円もするシートはそう簡単には購入できませんよね。

子供の命を守るための大切なチャイルドシートですが、使う期間が限られますし、子供には何かとお金がかかるので、できるだけ安く済ませたいと思うのが本音でしょう。

isofix対応のチャイルドシート比較

[column2_1][/column2_1][column2_2]土台となるFamilyfixを取り付ければ新生児から使えるベビーシートと、1才から4才まで使えるチャイルドシートが使えます。
かわいいカラー展開とスタイリッシュなデザインでママに人気があります。
>>エールベベキュートフィックス詳細[/column2_2]
[line color=”green” style=”solid” width=”1″]
[column2_1][/column2_1][column2_2]新生児~13㎏未満:後ろ向き取り付け
キャサリン妃とウィリアム王子の時に話題になった、ブライタックス・レーマーに似てますね!

簡単にシート丸ごと乗せ降ろしができるので、室内で赤ちゃんを乗せてそのまま車へ連れて行くことが可能です。
これってママにもパパにもとっても便利な機能なので、とってもおすすめです。
>>日本育児トラベルシステム3WAY詳細[/column2_2]
[line color=”green” style=”solid” width=”1″]
[column2_1][/column2_1][column2_2]安全性と安心感で選ぶならシートベルトを作っているメーカーのチャイルドシートがオススメです。
0才~4才まで使えます。
新生児~13㎏未満:後ろ向き取り付け
9㎏から18kgまで:前向き取り付け
>>タカタtakata04-I fix WS アイフィックス詳細[/column2_2]
[line color=”green” style=”solid” width=”1″]

なぜこんなに少ないisofix対応チャイルドシート

チャイルドシートを販売しているメーカーや種類は多数あるのに、isofix対応のものは上に記載した以外ほとんどありません(2013年7月現在)。2012年に日本国内で販売される自動車にはisofixが義務付けられたのに、肝心のチャイルドシートが対応していないのでは意味が無いような…。各メーカーの対応が遅れているのでしょうか?ベビー用品で有名なアップリカやコンビもまだ未対応のままです。
新しいものにはすぐ開発にかかる日本でこの現象は信じがたいものがありますが、一体いつ頃から発売する予定なのか気になりますね。

追記
2015年、ISOFIX対応チャイルドシートはだいぶ増えてきているようですね。コンビ・アップリカでも対応品を発売しています。まだまだ高額ではありますが、かわいい子供の命を守るチャイルドシートですから、必ず取り付けるようにしましょう。

このページと似たような記事