買物弱者こそネットショッピングを!

震災後、良くテレビで見かけるのが「買物弱者」

仮設住宅は山の中や市街地から離れた場所に作られていることが多く、車を運転できないお年寄りには買物に行くのがとても大変になっています。タクシー代もバカにならないし、冬は雪が邪魔をします。訪問販売の車が来てくれなければ、一体どうやって食べ物を手に入れるのか・・・。

ニュースを見るたびに心が痛む毎日です。

かと言ってお年寄りにパソコンを与え、ネットショッピングをしましょう!と言うこともできないし、覚えるには時間がかかるだろうし。もやもやしたキモチになるだけです。

仮設住宅ごとにみんなが使えるパソコンを設置し、ネットに接続。ネットショッピングを自由にできる環境を作る。または代表者がみんなの欲しい物を注文してあげる、などのことができないものでしょうか?

実際私の身内も仮設住宅に入居していますが、ネットショッピングをするという環境などありません。仮設住宅暮らしは皆さんが想像しているよりもはるかに不便であり、辛いものなのです。

どうか、買物弱者の皆さんが苦労せずに買物ができる環境ができますように。

このページと似たような記事

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す